03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

『クロック城』殺人事件

『『クロック城』殺人事件』
北山猛邦
『クロック城』殺人事件 (講談社文庫)
『クロック城』殺人事件 (講談社文庫)


終焉をむかえつつある人類の世界。探偵・南深騎と菜美の下に、
黒鴣瑠華(くろうるか)と名乗る美少女が現れた。眠り続ける美女。
蠢く人面蒼。3つの時を刻む巨大な時計。
謎が漂うクロック城に2人を誘う瑠華。そこに大きな鐘が鳴り響いたとき
首なし遺体が次々と現れた。驚愕のトリックが待つ、本格ミステリ。


まずこの作家は大好きです。
大胆な物理トリック(機械的な仕掛けですね)を武器にしている方です。

本作はメフィスト賞受賞作ということでデビュー作です。
もしかするとその後の大仕掛けからすると小粒かもしれませんが
やはり大胆なものです。
そしてこの作者のもう一つのキモは、この物理トリックを不自然に
させないための舞台装置。世界観です。

としかく読んで吃驚。
首なし遺体がでてくるのですが、
物理トリック以上にすごいのがこの”首なし”の意味
もうめちゃくちゃであります。よくもまあ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


もっと読みたい。
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2323-406bc0ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話