07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

この国。

『この国。』
石持浅海
この国。 (光文社文庫)
この国。 (光文社文庫)


一党独裁の管理国家である“この国”は非戦平和を掲げることで
経済成長を遂げた。死刑執行は娯楽となり、国民は小学校卒業時に
将来が決められ、士官学校は公務員養成所と化し、政府が売春宿を
管理する。そんな国の治安警察官・番匠と、反政府組織の稀代の戦略家
・松浦―ともに「この国のため」に知力の限りを尽くす二人の、
裏の裏を読み合う頭脳戦を活写した傑作!


連作短編集でいずれも治安警察官である番匠が登場します。
戦略家・松浦との頭脳戦を描く1話目「ハンギング・ゲーム」と
最終話「エクスプレッシング・ゲーム」が特に良いです。
頭脳戦ではありますが対テロリストとの戦いでもあり
アクションシーンも派手にかましています。

本作では一党独裁の”この国”側の視点で描かれますが
平和であり経済成長をとげているという背景もまぜ
各編の動機につなげるあたりはさすが石持浅海先生といったところです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

設定読んでると、これ、あきらかにトマス・フラナガンの「アデスタを吹く冷たい風」の影響受けてますね。というかオマージュだ(^^)

そろそろ早川が文庫を絶版にする頃ですから本屋で買いませう。古本屋には絶対並ばないタイプの本ですし(笑)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2017/02/10 20:34 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんばんは

アマゾンレビューで見てみました。
復刊希望第一位だったとか人気作なんですね。
私は全く存じ上げていませんでした。

面白そうです。
古本屋にはそうは並ばなさそうですね。
でも意識することにより結構目に飛び込んでくるものなので
見つかるかも。
いい情報ありがとうございました。

URL | 面白半分 #-
2017/02/10 22:58 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2321-59732a3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話