03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

天城一の密室犯罪学教程

『天城一の密室犯罪学教程』
天城一
天城一の密室犯罪学教程
天城一の密室犯罪学教程


「幻の探偵作家」の初作品集。
理論と実践で提示する“本格推理の真髄”がここにある!
摩耶正シリーズ全短編収録。


かつて「高天原の犯罪」を何かのアンソロジーで読んだ。
文章がすっと頭に入ってこない。難解だ。
本作はその作者の初の作品集で気になっていた。
神保町古書街散策の際、見つけて購入。うれしい。

難解だ。わからない。エンターテインメント性はなし。
余計な事は書かないらしく文章は硬い。
そのくせ犯罪の舞台設定は書き込んでいる。
時代背景を知っているとより楽しめるはずだ。

とまあこんな感じでムズカシかったので内容は覚えていません。
でもこういう本を選ぶ自分も含め満足してしまうのが面白い。

天城一氏は数学者で大学教授。その関係か本作の版元は日本評論社。
この硬さもなんかいいし、装丁のクールさもカッコいい。
”本”としての所有欲を満足させてくれます。

帯の推薦文もいい。

二十世紀に成し遂げられるべきであった重要な宿題が、
やっと今、果たされた! 

 (喜国雅彦)

密室トリックの奥義を究め、その秘密を解き放った伝説の男
逆説と風刺に満ちたロジックの一閃が、現世の壁に奇蹟の扉を切り開く。
時代を超えた輝きを放つ、純粋本格の至宝。

(法月倫太郎)

これは読みたくなるでしょう。”純粋本格”いかした表現です。

構成は三部構成。
密室犯罪学教程実践編(短編小説集)
密室犯罪学教程理論編(上記の小説と対をなす密室ミステリの評論)
毒草/麻耶の場合(麻耶正を探偵役とした密室ミステリ集)

おすすめはしません。
この本を理解できたという人はむしろうさん臭い。
私の読解力不足を棚に上げて言うと
なんだかわからないが圧倒された、これで充分なのではないか。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村




関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

理解できたわけじゃないけどたまに再読してちょこっとわかるとメチャクチャ楽しいです。

でもこの人、機械式トリックはやめといた方がいいとも思った(笑)

「高天原」が有名なのは、あれがいちばん「わかりやすい」からだということがよく分かる短編集(笑)

これを読んでニヒニヒ笑えるかどうかで「その筋」の人かどうかわかる気がする(笑)

実はわたしもけっこう影響受けてたりする(^^;)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2017/01/25 22:17 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんばんは

さすが読んでらっしゃいますよね。
以前「高天原」読んで記事にした際もコメントいただいてます。
その日より天城一にいつか挑戦せねばと思っていました。
惨敗ですけど。


”ニヒニヒ笑えるかどうかで「その筋」の人かどうかわかる気がする(笑)”

これ喜国さん、法月さん、のあとに並べて帯に記載したい。
「その筋」予備軍が買いに走りそう。

機械式トリックは最初から2つめあたりのが強烈に肩透かしでした。
確かにやめたほうがいいかもしれないですね。

ところで影響具合ですがあまり高すぎると
エンタメ性が極度に低くなりそうですのでご注意ください。

URL | 面白半分 #-
2017/01/26 22:28 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2310-39d87fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話