03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ガーディアン

『ガーディアン』
石持浅海
ガーディアン (光文社文庫)
ガーディアン (光文社文庫)


幼時に父を亡くした勅使河原冴は、ずっと不思議な力に護られていた。
冴が「ガーディアン」と呼ぶその力は、彼女の危険を回避するためだけに
発動する。突発的な事故ならバリアーとして。悪意を持った攻撃にはより
激しく。では、彼女に殺意を抱いた相手には? 


危険を回避するためだけに発動する「ガーディアン」という設定の元での
推理劇です。

「ガーディアン」によって死んだ職場の同僚。
殺意を抱かれるほどの関係性はないはずなのになぜ死んだ。
この問題を考え考え物語は進んでいきます。
こういった状況での理にかなった答えを推論していく様は面白い。
まさに石持さんの特徴が出ている作品です。

続く第2部では同じ能力を授かった冴の娘が強盗の人質となります。
「ガーディアン」の能力に気づく強盗のひとりとの頭脳戦になり
これも面白い。(人が死にすぎるけど)

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2308-bbcc14d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話