09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

顔のない敵

『顔のない敵』
石持浅海
顔のない敵 (光文社文庫)
顔のない敵 (光文社文庫)


1993年、カンボジア。NGOのスタッフが地雷除去作業をつづける
荒れ地に、突然の爆発音が轟いた。立入禁止区域に、誰かが踏み入った
のだ。頭部を半分吹き飛ばされた無惨な死体。
これは、純然たる事故なのか、それとも――。
表題作のほか、本格の旗手・石持浅海の原点ともいうべき「対人地雷」
ミステリー全6編と、処女作短編で編まれた第一短編集


顔のない敵・・・対人地雷をテーマにした短編ミステリです。
軽く扱うには重すぎるテーマを持ちながらも、
ミステリとしての楽しさを放棄していない大変素晴らしい短編集です。

石持作品では動機がありふれてものではなく、
本作でもテーマがそうであるためか加害者側に優しい?

デビュー作「暗い箱の中で」も収録されており
本短編集のカラーを崩してはいるものの中味はやはり良い。
閉ざされたエレベーター内での殺人。
閉じた場所、真犯人を見つけるための対話、真犯人と事件の理屈。
石持作品ってこんな感じって説明するのにもあっていそう。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2300-bcd4f78e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話