03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ふしぎな国道

『ふしぎな国道』
佐藤健太郎
ふしぎな国道 (講談社現代新書)
ふしぎな国道 (講談社現代新書)


空気のように非常に身近でありながら、ほとんどその存在を意識されるこ
とのない「国道」。実はこの国道には不可思議なことが数多く存在する。
・国道246号は存在するのに、国道60号や国道99号がない 
・圏央道やアクアラインは高速道路なのに国道指定されている 
・車が通れない商店街や階段が国道指定されている 
・同じ国道なのに複数のルートがある 
「国道マニア」として知られる著者が、こうした様々な謎を解き明かす。


近年”階段国道”(国道339号)がよくメディアで取り上げられたり
しますが、そんな面白国道情報が満載の本です。
階段国道しかり、ほぼ商店街アーケードの国道、長いの短いの。
この1冊でそんな情報がほぼ網羅できていそうでこれはいい。
カラー写真もふんだんに使われ楽しい。

もちろん”酷道”記事もあります。
荒れた道路から、歩くことしかできない完全な山道など。
よくまあこんな道が国道扱いされてるなあ、と感心します。

さらには標識についての細かいネタもあり面白い。
あの三角の標識をおにぎりって呼んでいるようです。
形の違い、誤記があるもの、何個か連なっているもの・・・
こういうところに目をつけるあたりが素晴らしい。

国道の生い立ちや行政からみた国道区分などにもふれていて
これも興味深い。

「非国道」これは国道を通らずして出発地から目的地へいく事だそうで、
これが難しい。国道とクロスするのまではOK。
地図上で検討し、実際に走って検証する。
こんなことをする人たちを「非国民」と呼ぶそうです。
この意味のなさ感が最高に素晴らしい。こういう人になりたい。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


ちなみに著者は科学ライターだが
講談社現代新書から科学の本の依頼があったところを説得して
この本を書いちゃったんだとか。ここらへんもユニークです。
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2289-3f7955cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話