03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

聖地めぐり 旧江戸川乱歩邸 ~ やきそば

立教大学横に旧江戸川乱歩邸があります。

またいってきてしまいました。
グッズ購入が目的だ!
5年位前に行ったときは欲しかった便箋が買えなかったのです。
(立教大学の中で買えると聞いて行ってはみたが不明)
まだあればいいな。
まずはこんな感じでちょっとした展示コーナーがあります。
DSC_0021_convert_20161210163912.jpg
ホントに小さな場所で、すぐそこに
美人のおねーさんが座っているので落ち着きません。

どうも乱歩関連資料やグッズはここで買えるようで
あっさりと購入できました。
・クリアファイル!(250円くらいだったかな?)
・そして便箋2種類(乱歩本人と土蔵)セットを500円で購入。
いい買い物をしました。

便箋2種のうち乱歩本人の方はこんな感じです。
↓「うつし世はゆめ夜の夢こそまこと」絶対欲しくなるでしょ?
DSC_0040_convert_20161210164001.jpg

もったいなくて使用できないのでもう一つ買っておけばよかった。


その後は庭の方へ回り土蔵へ。
この土蔵の中で大乱歩は蝋燭のあかりで執筆していた・・・・
という伝説を生んだ土蔵ですが明るい陽射しの中ではその雰囲気は無い。

DSC_0029_convert_20161210164031.jpg

以前は外観を見るだけでしたが、今回は中へは当然入れないものの
扉は開けてあり土蔵内を見ることができました。
左右に蔵書が見えます。中央には階段があり2階にも蔵書が見えます。
これはなかなかいい雰囲気ですなあ。


さて乱歩邸を出た後は北側へ抜け大通りにでます。
これが池袋乱歩通り商店街。
乱歩邸への案内がありました。
DSC_0032_convert_20161210164510.jpg

せっかくの名称ですが乱歩饅頭や二十面相煎餅は売っていないのです。
ちょっと残念。


ちょっといくと八勝堂書店という古書店があり入ります。
ビートルズのシングル盤などが売られています。
さすがに初期オリジナル日本盤は高額ですが見ていて楽しい。
反対側は古書があり『恐怖小説コレクション』という本がありました。
Ⅰ魔、Ⅱ魅、Ⅲ夢の3冊セットでビニールにくるまれていて、
中身が確認できませんが、装丁が偏愛する出版芸術社っぽさを出していて
値段も千円だったので購入しました。
出版は新芸術社。何かつながりがあるのかもしれません。
いい買い物をしました。


さて次は神保町へ行きましょう。
いろいろぐるぐる回った後、三省堂4階の三省堂古書館へ行きます。
『天城一の密室犯罪学教程』二千円だが買ってしまえ。
帯の喜国雅彦、法月綸太郎の言葉が心強い。
いい買い物をしました。


ここで、やきそば「みかさ」です。
時間は2時半ですがまだ並んでいますがもう並ぶしかないでしょう。
結局40分待ち。
今回は”塩”700円円を頼みます。
DSC_0034_convert_20161210164556.jpg

もちもちの麺としお味との相性もいい。旨い。
いい食事をしました。

またぐるぐる古書街を回った後、再び三省堂へいきました。
とにかくほしい本はたくさんありますが、とりあえず(?)
『カセットテープ時代』(音楽出版社)1,800円
『元素手帳2017』(化学同人)1,000円を買いました。
いい買い物をしました。

その後は、古書と一緒に寄らずにはいられないディスクユニオン。
プログレコーナーではグレッグ・レイク追悼か、ELPのファーストを
流していました。手が勝手にリズムを刻んでしまいます。
ここをうろついているおじさん方は皆涙ぐんでいた事でしょう。
そろそろお金と時間が無くなってきたので、
キリンジの『11』を2割引きセールで購入。
いい買い物をしました。


にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

今日は金曜日、有休での東京見物はこんな感じです。
毎日来られる環境だと お金すぐなくなるな
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2281-938deab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話