05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

病院坂の首縊りの家

『病院坂の首縊りの家』
横溝正史
病院坂の首縊りの家 (上) (角川文庫―金田一耕助ファイル)
病院坂の首縊りの家 (上) (角川文庫―金田一耕助ファイル)

金田一耕助最後の事件。
執筆においても最後の作品(悪霊島)の手前に書かれています。

金田一耕助の活躍譚を記す小説家の自称、砧の隠居
(作中での横溝正史本人なんでしょうまた金田一は、成城の先生と呼ぶ)
による序詞で始まり、拾遺で終わる最長の金田一耕助譚です。

『悪霊島』では磯川警部の人生も描かれましたが、
本作では等々力警部が活躍します。(いや、活躍はしてないか?)
とにかく横溝作品は人間関係が複雑で、
本作も出だしからその様子が濃厚だったので
初めて関係図を作成しながら読みました。
(後で知りましたがウィキペディアに関係図は載ってました。)

昭和28年に始まり昭和48年に解決と20年の歳月がかかったこの事件。
たぶん当時より真相を知っていた金田一耕助が
その時になにがしか動いていれば20年後の事件はなかったであろうと、
やはりいかにもの金田一譚であります。

トリックや仕掛けとかは全く期待せず、
ずっと”金田一耕助最後の事件”として読んでましたが
そのせいかやたらと面白かった。

本作品は、
この意味合い無くしてはミステリとして面白い作品ではない、
というのが実情だと思いますが、
これだけのファンサービス作品を残した横溝先生は
大変わかってらっしゃる方だったんだなあ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


アメリカ帰り、昭和12年に『本陣殺人事件』で現れた金田一耕助は、
昭和48年、本作を以てふらりとアメリカへ帰っていってしまいました。
結構カッコいい幕引きですなあ。






関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2278-e1fab5bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話