09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

自伝 鈴木茂のワインディング・ロード

自伝 鈴木茂のワインディング・ロード
自伝 鈴木茂のワインディング・ロード はっぴいえんど、BAND WAGONそれから (Guitar Magazine)
自伝 鈴木茂のワインディング・ロード はっぴいえんど、BAND WAGONそれから (Guitar Magazine)


はっぴいえんどのギタリスト、鈴木茂初の自伝。

日本を代表するギタリストでスライド・ギターの第一人者鈴木茂の自伝。
ベンチャーズに憧れてギターを弾き始めはっぴいえんどでプロデビュー。
以後、キャラメル・ママ~ティン・パン・アレーで多くのアーティストを
サポート、ソロ活動では永遠の名盤『BAND WAGON』を産み落とし、セッシ
ョン・ミュージシャンとしても数々のレコードに名演を残している。半ば
伝説化された存在で、若い世代からのリスペクトも年々高まっている鈴木
の幼少期からの音楽体験やはっぴいえんど秘話、そして現在に至るまでの
半生を掘り下げた初のドキュメント。

【CONTENTS】
■少年時代
■ベンチャーズがやってきた!
■アマチュア・バンド時代
■伝説のバンドはっぴいえんど誕生
■ゆでめん
■風街ろまん
■解散への序章
■ラスト・アルバム
■ティン・パン・アレー
■BAND WAGONとLAレコーディング
■ハックルバック
■スタジオ・ミュージシャンとして
■あの日のこと
■現在
■使用ギター・グラフ
■フォト・アーカイブ
■ディスコグラフィー


という内容で読み応えあり。
大瀧詠一、細野晴臣、松本隆に関する本はいろいろあるかもしれませんが
鈴木茂さんともなるとなかなかなかったのではないでしょうか。

楽しい。面白い。
彼を取り巻くミュージシャンとの出会いなどもワクワクしたし、
なによりギタリストとしてのルーツ、方法論、軌跡がわかった。
本書はインタビューを編集したつくりになっていますが
あたかも私たちに直接、あの時はこうだったんだよと語りかけているよう
でなにか優しさや温かさみたいものも感じてしまいました。

巻末のディスコグラフィーについてはその解説自体が短すぎるのが残念
ですが、ギター・プレイに焦点をあてているのが良い。

現時点でアマゾン・レビューは7件
その7件の評価はすべて星5つ。
皆待ち望んでいたんですなあ。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


↓何しろ単身アメリカへ飛びコレ作っちゃた人。




関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2267-2008effc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話