07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

扉は閉ざされたまま

『扉は閉ざされたまま』
石持浅海
扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫)
扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫)


久しぶりに開かれる大学の同窓会。成城の高級ペンションに七人の旧友が
集まった。〈あそこなら完璧な密室をつくることができる——〉
当日、伏見亮輔は客室で事故を装って後輩の新山を殺害、外部からは入室
できないよう現場を閉ざした。何かの事故か? 部屋の外で安否を気遣う
友人たち。自殺説さえ浮上し、犯行は計画通り成功したかにみえた。しか
し、参加者のひとり碓氷優佳だけは疑問を抱く。緻密な偽装工作の齟齬
をひとつひとつ解いていく優佳。開かない扉を前に、ふたりの息詰まる
頭脳戦が始まった……。


すげー面白かった!
これで安心して石持浅海を集めていける。(なんだそりゃ)

倒叙形式のミステリです。
なぜ死体発見時間を遅らせようとするのかが
読者にとって大きな謎となっています。
(改めて提示されることは無いですが)
登場人物はまだ何が起きているのか判断できていないという状況の中で
犯人と探偵役のみが頭脳戦を行っていきます。

あくまでも冷静に状況を操作しようとす犯人が、
じわじわと静かに追い詰められて行く様はなかなかスリリングでした。
追い詰めていく探偵役の方も
当初はかわいい女性程度の描写だったのですがこれもクセあり。
二人の関係にも絡んだ事件決着もなるほど、という感じでした。

そして動機の意外さ。
弱いと感じる方も多いでしょうが私はここも受け入れられます。

クセのない文体と練られたアイデアで読ませる大傑作だと思います。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



関連記事
tb: 0 |  cm: 4
go page top

コメント

ついさっき読んだです。

面白かったです。

あまりに面白かったのでパロディ小説書いちゃったであります。(^^;)

「終章+1」/「ブリッツ」の小説 [pixiv]

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7526341

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2016/11/29 01:48 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんばんは

読ませていただきました。

あれ、そうだったのか!

終章+1ですから、このようなエンディングであってもおかしくない、
としたらこれも石持先生のワナなんでしょうか!?

URL | 面白半分 #-
2016/11/29 21:32 * edit *

こういうところばかりは目を皿のようにして読もう(笑)

石持先生がわざと手抜かりを作っておいたのでなければ、「蛇口に指紋を付けた」と書いた時点で、「温度調節用レバー」のことをすっかり忘れていたんでしょうね、先生(笑)。

こういうのを「重箱の隅をつつく」といいます(笑)。

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2016/11/30 20:35 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんばんは

「重箱の隅をつつく」
これがしたくても出来ない読み手なのです。
私を含め大多数は。

これができるって事だけで尊敬です。

でも手抜かり説もまだ残りますよね。


URL | 面白半分 #-
2016/11/30 21:31 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2253-c7191d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話