03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

新宿で85年、本を売るということ

『新宿で85年、本を売るということ』
永江朗
新宿で85年、本を売るということ (メディアファクトリー新書)
新宿で85年、本を売るということ (メディアファクトリー新書)


新宿駅東口を出て、新宿通りを右へ100m足らず。そのビルの古色蒼然とし
た煉瓦の壁には「紀伊國屋書店」の文字が輝く。フロア面積1450坪、蔵書
120万冊。1927年以来、同業者も憧れる意思ある店として混沌の街・新宿
から独自の文化を発信してきた書店だ。書店を知り尽くすライターが、
伝説的書店のドラマを初めて明かす。



田舎者にとって紀伊國屋書店は憧れでした。
たまに東京へ出た場合は立ち寄っていました。
近所では見かけないようなたくさんの本に圧倒されていました。

一階の通路のような場所でカレーを食べる時は、
俺様もなかなかやるわい、などと感じたりもしていました。
(ちょっと意味不明)

しかし最近は全くいっていないなあ。
新宿なら南口の紀伊國屋へは行きますけども。

まあ、いろんな思いもあり本書を読み終えました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 4
go page top

コメント

1981年の夏は、
上京して半年も経っていなかったので、
世間知らずの自分でありました。

精神世界の書籍コーナーに営業に来ていた、
当時のたま出版の社長を見かけて、
お話を聞かせてくださいと図々しくお願いしたら、
紀伊国屋の喫茶店でコーヒーもご馳走になった事がありました。
世間知らずが役に立ちましたね。(汗)

それから半年ぐらいして、
たま出版は「第三の選択」という書籍が、
ランキングに掲載されてプチメジャーになりました。

URL | torioden #-
2016/10/26 13:53 * edit *

Re: タイトルなし

Triodenさん
こんばんは

またまたスゴイ経験ですね。
たま出版の社長っていわれてもそれに気づくのも凄い。
もしかして韮澤さん?
またコーヒーふるまう社長も素晴らしいですねえ

「第三の選択」買いました。
当時は信じていましたし、内容そのもの以上に
ドキュメンタリー的な構成がカッコいいと思っていました。

URL | 面白半分 #-
2016/10/26 21:21 * edit *

たま出版の書籍の売れ具合を店員に聞いていたのと、
初老の方でしたので、
ひょっとして社長かなと思い、尋ねてみたら社長でした。

韮沢さんは、当時は、まだ社員の1人でしたね。
たま出版の主催で市ヶ谷で月一で開催されていた精神世界研究会で、
時々みかけました。

当時の社長は瓜谷侑広さんという創業者ですね。

韮沢さんは、たま出版のお仕事とは別に、
UFO教育グループというのを主催しておりました。

まさか、その後、テレビで知れ渡る人になるとは、
思ってもいませんでしたね。

URL | torioden #-
2016/10/27 11:01 * edit *

Re: タイトルなし

triodenさん
こんばんは

なるほど
韮沢さんではなかったんですね。

後のテレビでの印象が強いです。(いい味だしてるんですよね)
といいますかそれ以外にはなかなか出版社社長を認識する機会がないですね




URL | 面白半分 #-
2016/10/27 21:31 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2248-bed33974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話