06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

大いなる幻影/華やかな死体

『大いなる幻影/華やかな死体』
戸川昌子/佐賀潜
江戸川乱歩賞全集(4)大いなる幻影 華やかな死体 (講談社文庫)
江戸川乱歩賞全集(4)大いなる幻影 華やかな死体 (講談社文庫)


『大いなる幻影』
孤独な老嬢たちが住む女子アパート。突如始まったアパート移動工事と
同時に奇怪な事件が続発。老嬢たちの過去も次第に暴かれていく。

『華やかな死体』
大手食品会社社長の死体が発見され、元社長秘書の男が逮捕された。
事件をめぐり少壮の検事と老獪な弁護士の熾烈な戦いが始まった。



2作品とも、昭和37年度第8回江戸川乱歩賞受賞作です。
この年は当たり年だったようでなんと受賞を逃したのが、
塔晶夫『虚無への供物』と天藤真『陽気な容疑者たち』だそうで。


『大いなる幻影』
まず著者近影の戸川昌子さんが美しい。
後の年齢を重ねたお姿しか知らないので驚いています。

孤独な老嬢たちが住む女子アパートを舞台に、老嬢たちの暗部が
描かれており、ものすごく暗い。
何かが澱んでいる雰囲気でなかなか読み進められません。
前半は独立して各人のエピソードが語られるのみなので、
よけいそのように感じられてしまいました。
さらにはオカルトっぽい現象も発生しているし。
しかし後半よりいろいろな点が繋がっていき俄然面白くなりました。
そして驚愕のラスト。構成の妙といったところです。
物語が混沌としている中で残ページを確認すると
あと”数ミリ”の状態で、どうやって決着をつけるんだろう、
と思いましたが見事に決まりました。
トリック云々は全くなく、どちらかというとサスペンス作品なんですが、
とても面白かった。

『華やかな死体』
あらためて買い求めることはないのですが、
たまに法廷モノを読むと面白いです。
ドラマ『HERO』や『リーガル・ハイ』等で描かれたので
入りやすくなっているのかもしれません。
本書の主人公は検事。という事で検事側からの物語です。
それにしてもこのラストは。
なるほどこれが実際に検事だった作者佐賀潜が
問いたかったことなんですね。
こうなるとは思いませんでした。
但し本作は主人公が全く魅力的でなく、感情移入できないのが残念です。
強くは描かれてはいないものの出世欲が高かったり、
年上の刑事にぞんざいな言葉遣いをしていたり。
構造的にそれらが普通なのかもしれませんが
それをあたかも普通の事として描いているのは
佐賀潜さんがそうだったからなんでしょうか。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


地味ながら充実の2作品です。
関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

「大いなる幻影」は、たしかにあれはいいですね。かなり暗いですが極上のサスペンスです。大好きだけど大っぴらに人に言えない(笑)。


そういや、佐賀潜氏の作品は、読んだことありませんねえ……一時期はブームにもなったそうですが、早世なされたようで。今では完全に「忘れられた作家」になっているけれど、面白いのかな。探してみよう。

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2016/10/22 19:12 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんばんは

「大いなる幻影」ですが
老嬢ばかりでてくる展開によみつづけるのがしんどい部分もありましたが
後半以降の展開はよかった。極上のサスペンスですね。
でも大っぴらに人に言えないのは、”戸川昌子”の名からですか?!

佐賀潜作品ですが、探しても・・・さがせん、っていうことっていいですか???!!!

URL | 面白半分 #-
2016/10/22 21:01 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2247-85f95795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話