10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

食い意地クン

『食い意地クン』
久住昌之
食い意地クン (新潮文庫)
食い意地クン (新潮文庫)


この俺を野蛮人にしてくれる、狂わせてくれる、そういう食べ物の中に
間違いなくカレーライスがある(本文より)。焼肉、ラーメン、とんかつ、
ナポリタン、大根、塩辛、立ち食いそば、キャベツ……。
『孤独のグルメ』原作者である著者が、愛する二十六品目のメニュー
について、熱く語ります。あなたはこのエッセイに抱腹絶倒しながら、
やがて激しく共感している自分に気付くでしょう。


食べ物エッセイと云えば東海林さだおさんが思い浮かぶが
本書も東海林さんのように庶民的な食べ物を語ります。
改行が多くページが空白部が多いところも似てます。
文体はさすがに違いますがこちらの方が軽いです。

久住さんと云えば”泉昌之”。名作「夜行」の作者ですね。
夜行列車で弁当を食べるトレンチコートを着たハードボイルド風の男。
おかずとごはんの配分を考え、どういう順番で食べるかに悩みます。
そして壮絶なラスト!
”旅になんて出なけりゃよかった”

この『食い意地クン』も「夜行」テイストにならないかしら。
すみません。過去にしがみついて。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

今だ私にとって久住さんと云えば”東京トワイライトゾーン”の人です。


関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2246-63dd6964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話