05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

中空

『中空』
鳥飼否宇
中空 (角川文庫)
中空 (角川文庫)


第21回「横溝正史ミステリ大賞」優秀賞受賞作。主人公の植物写真家と自
然観察家は、数十年に一度の開花時期を迎えた竹の花を見に、大隈半島に
ある竹茂という村を訪れた。7家族のみが住む竹に覆われた集落。村人は
皆、中国の思想家「荘子」の精神を守って暮らしている。この平穏な村で
、小動物の惨殺事件が続発し、ついには村人の首なし死体が発見された。
犯人は誰か、そしてその目的は…。閉ざされた空間で、来訪者である2人
が難事件に挑む。

”ホームズ”役と“ワトソン”役が登場し、事件を推理・解決するという
、本格ミステリーのいわば王道を行く作品である。科学技術や情報通信の
発展が目覚しい現在、本格ミステリーが成立するためには、たとえば雪に
閉ざされた山荘や無人島などの特殊な環境が必要となる。本書では、竹に
囲まれた閉鎖的な村社会と住人たち独自の思想を設定することによって、
現代生活や一般常識の範疇(はんちゅう)を超えた小説の舞台を見事に作
り上げている。

また本書の最大の魅力は、竹についての記述にあると言えよう。青々とし
た竹林、妖しい美しさをたたえた竹の花。その詳細な描写が読者をこの物
語の幻想的な世界へといざなうのである。ほかに、女性主人公の中性的な
語り口や、村人の禅問答にも似た掛け合いも興味深い。使われているトリ
ックはさほど衝撃的なものではないが、これがデビュー作とは思えないほ
ど内容の濃い作品である。


とここまでがアマゾンでの商品説明。長いっ!

後にシリーズ化される観察者シリーズの1作目になります。
キャラクター設定は本作でほぼ完成していたんですね。
地味と云えば地味な名探偵役とワトソン役の猫田嬢がいるだけで
なんとなく安心して読めてしまいます。

首なし死体がでてきたりしてトリッキーな大ネタがでるのかと
思ってましたが結構解決も地味。
でも良かった。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村




関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2229-f7913fbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話