10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤

『オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤』
『このミス』が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤 (宝島社文庫)
『このミス』が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤 (宝島社文庫)


『このミス』選者が選ぶ、珠玉の名作短編アンソロジーが登場!
約100年に及ぶ日本ミステリー史のあらゆる短編の中から、
『このミス』が誇る読書のプロが選んだ十編の名作たちを二分冊で刊行。


ということで第一弾”赤”です。

収録はこちらの太字作品で、残りは”黒”へ収録。

第一位「戻り川心中」(連城三紀彦)
第二位「天狗」(大坪砂男)
第三位「達也が嗤う」(鮎川哲也)
第四位「赤い密室」(鮎川哲也)
第五位「押絵と旅する男」(江戸川乱歩)
第六位「妖婦の宿」(高木彬光)
第七位「桔梗の宿」(連城三紀彦)
第八位「DL2号機事件」(泡坂妻夫)
第九位「第三の時効」(横山秀夫)
第十位「心理試験」(江戸川乱歩)


読んでいなかったのは「妖婦の宿」だけです。
これは探偵作家クラブの犯人あて余興に投じられた作品との事。
神津恭介モノでありいかにも本格短編の切れ味を持った作品でした。

連城三紀彦作品は2編とも最後に事件の様相がひっくり返っていくような
静かに驚いていくさすがの作品。

大乱歩「押絵と旅する男」は幻想譚で珍しく本人も認める作品。
"あれらは、生きておりましたろう"
当初は雑誌連載作品が書けなくて埋め草的に書いた作品だったようです。


泡坂妻夫はお馴染み亜愛一郎シリーズの最初期のもの。
またシリーズを読み返したくなってきます。

ということで確かにこれらはオールタイム級のミステリでした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
 
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2227-649c240e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話