09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

太宰治傑作選 奇想と微笑

『太宰治傑作選 奇想と微笑』
森見登美彦編
奇想と微笑―太宰治傑作選 (光文社文庫)


中学校の国語の時間。「走れメロス」の音読テープに耳をふさいだ森見
少年は、その後、くっついたり離れたりを繰り返しながらも、
太宰の世界に惹かれていった―。
読者を楽しませることをなによりも大切に考えた太宰治の作品群から、
「ヘンテコであること」「愉快であること」に主眼を置いて選んだ
十九篇。「生誕百年」に贈る、最高にステキで面白い、
太宰治の「傑作」選。


これは面白かった。
太宰治ってこんなに面白い小説を書く人だったんだ。

「失敗園」
いろいろな植物が自分の境遇を語る。なんだこれは。

「カチカチ山」
『お伽草紙』の一篇でアレのパロディ。

「貨幣」
小学校の時に授業でやったような”私は百円玉です”そのまま。
アレのルーツはこれだったのか。

「令嬢アユ」
ちょっと軽めの知り合いのラブ・ストーリー

「服装について」
これは随筆だが、編者いうところの「居たたまれなさ」に共感する。
この可笑しみがいい。

「酒の追憶」
これも随筆。語り口に可笑しみを感じる。だんだんダザイが好きになって
くる

「佐渡」
いかに佐渡がおもしろくなかったかということを親切丁寧におもしろくな
く書いてある、という解説を読んでから読むとやはり可笑しい。

「ロマネスク」
三人にクセのある登場人物の半生が語られる。その三人が会いまみえるが
どう読んでいいのかとらえどころがないような作品。

「満願」
「ロマネスク」を書いたころの短い随筆

「畜犬談」
小説か随筆かあいまいになってくる犬にまつわる話。可笑しい。

「親友交歓」
ずけずけとこちら側に侵入してくる”親友”の話。これは現代ではホラー
小説になりえますね。

「黄村先生言行録」
黄村先生のヘンな言行録。笑わせてやろうして本当に笑える。

「『井伏鱒二選集』後記」
選集の解説文だが作品でなく思い出を綴る。楽しそう。

「猿面冠者」
小説家志望者?の話。志望者の話か小説内の話かだんだん分からなってき
た。ラストは破棄されそうになった原稿のセリフらしい。メタだ。

「女の決闘」
森鴎外が訳した「女の決闘」の中に、その解説とさらには自分でサブスト
ーを組み込んでしまったヘンな作品。太宰自らいろいろ仕掛けていること
を読者にアピール。これも凄い。

「貧の意地」「破産」「粋人」
『新釈諸国話』より。それぞれダメ人間のダメっぷりを描く。
これはじわじわくる。

「走れメロス」
毎度お馴染みの作品だが果たしてどんな機会に読んだんだろう。
改めていい話。メロスのセリフが結構カッコいい。
ここまで読むと「走れメロス」異色だった。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村




関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2192-9af248bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話