07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

夏の庭

『夏の庭』
湯本香樹実
夏の庭―The Friends (新潮文庫)
夏の庭―The Friends (新潮文庫)


町外れに暮らすひとりの老人をぼくらは「観察」し始めた。
生ける屍のような老人が死ぬ瞬間をこの目で見るために。
夏休みを迎え、ぼくらの好奇心は日ごと高まるけれど、
不思議と老人は元気になっていくようだ――。
いつしか少年たちの「観察」は、老人との深い交流へと姿を変え
始めていたのだが……。
喪われゆくものと、決して失われぬものとに触れた少年たちを描く
清新な物語。


普段なら絶対買わないこの手の本。
でも新潮文庫特別カバー版を収集するために買いました。
(この記事での画像とは異なります。緑一色の地に黒の文字のデザイン)

買ってよかった。読んでよかった。
”ジジイ”との交流から始まる少年たちの成長物語です。
少年たちが全然身近でなかった”死”について考えていきます。

全編緩やかな日常の流れと会話で進む物語ですが
なんて心地よいんでしょう。
最後は老人の死を迎え、また少年たちは家庭の事情でバラバラになって
いくところももうわかっていながらジーンとくる展開です。

でも押しつけがましいところはまったくなし。

さわやかな読後感が得られる作品でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村




関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2189-d789c825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話