10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

完全版 怪人二十面相・伝

『完全版 怪人二十面相・伝』
北村想
完全版 怪人二十面相・伝 (ふしぎ文学館)


江戸川乱歩が生んだ世紀の怪盗「怪人二十面相」。日本で最も名の知れた
怪盗の謎に包まれた素顔が今、明かされる!彼の魔法のような奇術は
元サーカスの天才・丈吉が世間を観客に見立てた「芸術」であった。
次々と披露される鮮やかな変装の舞台裏、明智小五郎や小林少年との
華やかな対決、二代目二十面相の誕生など、乱歩のオリジナルでは
決して味わうことができなかったおとなの冒険奇談。


この本、他社文庫で見かけていましたがそこまで食指は伸びなかった処、
出版芸術社・ふしぎ文学館シリーズとあっては、という事で購入。

江戸川乱歩の原作では怪人二十面相の正体については
本名は「遠藤平吉」であり、元々は『グランド・サーカス団』という
サーカス団の曲芸師、程度しか語られていない。

著者はここから一気に話を膨らませ怪人二十面相伝を書き上げた。
乱歩作品内の事件とうまくリンクさせ虚構に虚構を重ねて
とても面白い作品になっている。
ファンのお遊びなんだけど分量も構成においても大変な力作であることは
間違いない。しかも読みやすい文体。
伝記であるから主人公である二十面相サイドへの感情移入もあり
スラスラと読み進められました。
二十面相伝であるからか、明智小五郎がちょっとクセのある人物に
書かれているのも一興でした。

同時代なんでしょう。
晩年の太宰治も登場します。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

これ、映画化されていたんですよね。
TVでも放映した気もするんだけど見ればよかった。
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2188-9992a067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話