07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

跫音

『跫音』
山田風太郎
自選恐怖小説集 跫音<自選恐怖小説集> (角川ホラー文庫)


推理・活劇・官能そして、恐怖……。現代エンターテインメント小説に多
大な影響を与えた著者の自選恐怖小説集。運命共同体に身を委ねた人間の
心理を描く『三十人の三時間』をはじめ、愛する男性の不可解な行動に秘
められた驚愕の真実を綴った『呪恋の女』他、人間の深層に潜む怪奇への
憧憬を見事に結実させた秀作10編。文庫未収録作品を中心に、単行本未収
録作品をも収めたファン必読の一冊。


角川ホラー文庫、自選恐怖小説集とあるがホントに自選?
でも選ばれた濃い作品集です。

・三十人の三時間
墜落する飛行機の乗客の最後の三時間を描く。

・さようなら
戦後の時代の話ながら近未来SF的な雰囲気をもつ導入部。不思議な余韻。

・女死刑囚
’堕ちる’この字が見事当てはまる哀しい話

・跫音
まず字ズラがコワい。思わぬ犯罪を起こしてしまった男の話。淡々と進行
していきユーモア味や哀愁味も漂わせますがこれこそ現代の恐怖です。

・双頭の人
いよいよ出てきました異形の造形。漫画家伊藤潤二さんの世界。
脳内イメージはそれしか考えられない。是非書いてほしい。

・黒檜姉妹
「双頭の人」をより派手にしたような作品。先が静ならこちらは動。

・雪女
これは怪奇風味のミステリ(というネタバレすみません)

・笑う道化師
大した物語では無い筈なのにねちっこい筆で薄気味わるさが続く。
これが山田風太郎か。

・最後の晩餐
オチがすっきりと決まるが大変よろしくない話ですな。

・呪恋の女
怪しい登場人物が織りなすこれぞ怪奇小説。

やはり山田風太郎は強烈です。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2159-6b907057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話