04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

人形館の殺人

『人形館の殺人』
綾辻行人
人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)


父が飛龍想一に遺した京都の屋敷――顔のないマネキン人形が邸内各所に
佇(たたず)む「人形館」。街では残忍な通り魔殺人が続発し、想一自身に
も姿なき脅迫者の影が迫る。彼は旧友・島田潔に助けを求めるが、破局へ
の秒読みはすでに始まっていた!? シリーズ中、ひときわ異彩を放つ第4の
「館」、新装改訂版でここに。


新装改訂版にて再読です。
本作でのトリックの一つが「館」シリーズそのものであること。
そんな訳でこのシリーズそのものを知っていないと
どうにも面白みにかけてしまう作品です。

4作目でこうしてしまうあたり冒険というかヤケ気味だったのか。
たしかに”ひときわ異彩"を放ってます。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

3作目の「迷路館」は?(^^;)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2016/05/25 00:16 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんばんは

当時読んでいますが
新装改訂版ブックオフ108円落ち待ちなのです

URL | 面白半分 #-
2016/05/25 20:23 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2130-da13df57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話