03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

十角館の殺人

『十角館の殺人』
綾辻行人
十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)


十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。
館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したと
いう。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の
結末が読者を待ち受ける! 1987年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え
続けた名作が新装改訂版で登場。

という事で”新装改訂版”です。

思えばまさに刊行当時にこれ読んで”新本格”にどっぷりはまりました。
講談社ノベルスが”新本格”のイメージでした。

20数年ぶりに読みましたが、最初に殺されるのはオルツィってところは
覚えていました。また真犯人はだれかもうっすらと。
しかし所謂”衝撃の一行”の部分はすっかり忘れていました。
これがあってこその作品なのです。

今回、この一行については、私もすっかりぼけていて、
あれっどうなっているんだ、と衝撃よりも読み間違えなのかと思いが
先にきてしまいました。ちょっと損した気分。
名探偵が謎を解くのでなく真犯人の独白で謎が解かれる、というのも
記憶と違ってました。

本作、十角館に集うメンバーがニックネームの
エラリー、カー、ヴァン、ポウ、アガサ、ルルウ、オルツィという呼称
のみで呼び合うところがもうミステリファンにはうれしい所であり、
また幼稚とも感じるところなのですが
これ自体がすでに仕掛けの一部です。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

一行っていうとあれですね。読んだときにはびっくりしました(^^)

「水車館」「迷路館」「人形館」と読んでから「十角館」を読んだので、自分の中では、ちょっと不満な作品でもあります。名探偵が活躍せんとおもろないやろが、とか思ってしまって。

プレ・シリーズというよりはノン・シリーズとして読むべきかもしれませんね。

個人的には「迷路館」「時計館」「奇面館」の順で好きです(^^)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2016/04/30 19:12 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんにちは

まさにあれなんですが
記事にも書きましたが私は”読み間違え”と思ってしまったのが残念でした。

ポール・ブリッツさんは「十角館」が最初じゃなかったんですね。
まだ島田潔や中村青司の位置づけが明確でないのでちょっと”弱い”ところもあったのかもしれませんね。

私は”新装改定版”で随時再読中ですが「迷路館」はまだで内容忘れていますが
「時計館」「奇面館」は好きです。
ぶったまげ度でいったら「時計館」でしょうか。

URL | 面白半分 #-
2016/05/01 04:44 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2116-18a68e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話