06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

このミステリーがひどい!

『このミステリーがひどい!』
小谷野敦
このミステリーがひどい!


40年以上に及ぶ推理小説渉猟の結論!
その作品は本当にすごいか?
世評の高い「話題作」「人気作」は90%がクズ、
ひと握りの名作を求めつづけた濫読人生。
世の『ミステリー帝国主義』に抗して、
推理小説嫌いの著者が唱える“ひどミス”論。


アマゾンレビューが惨い!
でも面白いですよ。

このミステリーはどこがどうだからヒドイという説明は少ないので、
そこらへんに不満を持つ人もいるでしょうし、
なにより自分が好きな作品を貶められたらいい気はしないもんです。

読み始めはあの”名作”この”名作”を蹴散らしていくので上記の印象を
持ちながら読み進めましたが、途中からむしろ潔く思えてきました。

私達だって読了後に壁に投げつけたくなるミステリはたくさん読んでいる
はずで、このミステリーがひどい!って思えることなんてザラです。

結局は好みの問題になっていくわけですが、
それでもここまでヒドく書いた内容を出版する勇気もたいしたものです。

私なんて誰も読まないようなこのブログでさえも
はっきりと書かずお茶を濁しています。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

ちなみに小谷野さんはミステリ嫌いでなくて
ちゃんと好きなものは褒めてます。

関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

ミステリ批判本では講談社ブルーバックスの畔上道雄「推理小説を科学する」なんていいですよ。

著者のミステリマニアぶりと、そこから出てくる理系的ないらだちと怒りに満ちたコメントが面白いです。

「いや、土屋先生はそこはわかってわざとウソ書いてるんじゃないかな」とか「気持ちはわかるけどそれをいっちゃあおしまいよ」とかいう逆ツッコミも繰り出せます。

筆致の容赦のなさぶりでは、由良三郎先生の「ミステリーを科学したら」はまだまだミステリ作家に配慮していたんだなあ、とかしみじみ思えます。

絶版らしいですしブックオフに並ぶような作品でもないですが、アマゾンで1円から出ているのでご一読をおすすめします。

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2016/04/30 19:23 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんにちは

「推理小説を科学する」は読んだ記憶があります。
内容は忘れてしまっているのですが、
「気持ちはわかるけどそれをいっちゃあおしまいよ」
という感想をもったような記憶が蘇ってきました。
”著者のミステリマニアぶりと、そこから出てくる理系的ないらだちと怒り”
とは巧い例えですね。そんな気がしてきました。

「ミステリーを科学したら」
こちらは未読ですがブックオフで見かけたことはあります。
手に取ってもいないですが今度見かけたら要チェックですね。
(由良さんのミステリ自体は読んだことあります)

URL | 面白半分 #-
2016/05/01 04:52 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2103-5acbc53c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話