05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

その可能性はすでに考えた

『その可能性はすでに考えた』
井上真偽
その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)


かつて、カルト宗教団体が首を斬り落とす集団自殺を行った。
その十数年後、唯一の生き残りの少女は事件の謎を解くために、
青髪の探偵・上笠丞と相棒のフーリンのもとを訪れる。
彼女の中に眠る、不可思議な記憶。
それは、ともに暮らした少年が首を斬り落とされながらも、
少女の命を守るため、彼女を抱きかかえ運んだ、というものだった。
首なし聖人の伝説を彷彿とさせる、その奇蹟の正体とは…!?
探偵は、奇蹟がこの世に存在することを証明するため、
すべてのトリックが不成立であることを立証する!!


不可思議な事件についてだれかがバカミス的な推理をするが
それを探偵役が否定していくという設定です。

バカミス的推理はその事象の可能性があればOKだが
反論側は論理的に反証しなければならない、というもので
伏線に次ぐ伏線の回収が気持ちよい作品です。

ただこの物語の背景がメンドーで
無理に登場人物を増やしている感もありそこはちょっと残念です。
主人公と相棒等との会話に軽めの要素は入って楽しいですが
設定が苦しく他の登場人物に味がないのでヘンに読みづらい気もします。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

論理的にどうのこうのいった後半では
読み手の知的問題としてついていけなくなる部分はありましたが
なんだかわからないなりに面白かった。


関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2083-45cd6557
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話