04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

超・博物誌

『超・博物誌』
山田正紀
超・博物誌 (集英社文庫)


プラズマイマイは磁気をコントロールして宇宙を駆けめぐる。ファントム
ーンは神経繊維をレーダーとして、見た者に遠い宇宙の過去を思い出させ
る。タナトスカラベは相反するふたつの宇宙を往復する。元兵隊で、今は
引退して博物学者として生きる老人が遭遇したさまざまな美しくも妖しい
宇宙生物たち。国産SFの香気ただよう、リリカルな本格ファンタジーの収
穫。

という事で毎度御馴染み山田正紀です。

老博物学者がいろいろな宇宙生物とそれにつらなる環境や思い出を語る,
という連作短篇になっています。

叙情的な作品で淡々と進む作風は、
ダイナミックな筋運びのイメージを持っていた
今ままで読んだ作品群とはだいぶ異なります。
しかし最終章"タナトスカラベ"では

結局は”エントロピー増大の法則”に屈することになるのだとしたら、
おれたちの命にはいったいどんな意味があるというんだ。


と思考SFの体を様してきます。
俄然面白くなるというか難しくなってくるというか。

ラストはこの老博物学者の名前がさりげなくポンっとでてきますが
これはお楽しみです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

あのラストの一行には当時びっくりしました。

まさか「シートン」だなんて(違)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2016/03/05 22:13 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんばんは

動物記ではなくて漂流記でしたね
あれっそれとも航海記?

なにが正解だったかしら?

URL | 面白半分 #-
2016/03/06 22:18 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2053-d228665a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話