03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

死神と雷鳴の暗号

『死神と雷鳴の暗号』
本格ミステリ作家クラブ編
死神と雷鳴の暗号―本格短編ベスト・セレクション (講談社文庫)

毎度御馴染み本格短篇ベスト・セレクション。シリーズです。

今回は
フレンチ警部と雷鳴の城(芦辺拓)
やさしい死神(大倉崇裕)
「別れても好きな人」見立て殺人(鯨統一郎)
鳥雲に(倉坂鬼一郎)
闇ニ笑フ(倉知淳)
英雄と皇帝(管浩江)
通りすがりの改造人間(西澤保彦)
麺とスープと殺人と(山田正紀)
消えた裁縫道具(河内美加)
京極作品は暗号である(波多野健)

が収録されています。

一番のオススメは「フレンチ警部と雷鳴の城」
ミステリ・マガジンの”ジョン・ディクスン・カーを読もう!”特集で
発表された作品ですがクロフツの作品の主人公であるフレンチ警部を持
ってくるあたりひねっています。もちろんカーも絡んできて楽しい限り
です。

「やさしい死神」は落語ミステリー。落語のネタと”日常の謎”の絡み
ぐあいが素晴らしい。

といったかんじで充実の一冊です。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2036-6654c1fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話