07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

人間競馬

『人間競馬』
山田正紀
人間競馬  悪魔のギャンブル (角川ホラー文庫)


新宿副都心。ビルとビルの隙間にわずかな時間立ち現れる古い城郭。
空の高みで人間競馬に興じるガーゴイルたち。
下界では、三人の男と一人の女がパドックを周回する競走馬さながらに互
いを尾行しあっている。タクシー運転手、保険外交員の女、少年、刑事。
四人が四人ともいつ、どこで相手を殺すべきか、冷酷に計算を働かせてい
る。殺らなければ自分が破滅するだけだ。最後に生き残るのは誰だ?

毎度御馴染み山田正紀です。
読んでから確認したのですがガーゴイルって怪物などをかたどった彫刻、
だそうで雨樋の機能を持つものらしいです。

悪の意思を持ったガーゴイルが人間にわずかな特殊能力を与え、互いに
殺し合いをするよう運命付け誰が生き残るか賭けをするという設定です。

この対象となったのがタクシー運転手、保険外交員の女、少年、刑事の
四人。タイトルといい設定といい安っぽさぷんぷんですが読み進めるうち
にだんだん面白くなってきました。この四人が複雑に交差しあいラストに
流れ込むところは圧巻です。いちおう”競馬”なので誰が勝ち残るかにつ
いてもひとひねりありそこも良かったです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2034-7ba5c9ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話