08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

しらみつぶしの時計

『しらみつぶしの時計』
法月綸太郎
しらみつぶしの時計 (ノン・ノベル)

無数の時計が配置された不思議な回廊。その閉ざされた施設の中の時計は
すべて、たった一つの例外もなく異なった時を刻んでいた。すなわち、一
分ずつ違った、一日二四時間の時を示す一四四〇個の時計――。正確な時
間を示すのは、その中のただ一つ。夜とも昼とも知れぬ異様な空間から脱
出する条件は、六時間以内にその“正しい時計”を見つけ出すことだった
!? 神の下すがごとき命題に挑む唯一の武器は論理(ロジック)。奇跡の
解答にはいかにして辿り着けるのか。極限まで磨かれた宝石のような謎、
謎、謎! 名手が放つ本格ミステリ・コレクション!


別のアンソロジーで表題作「しらみつぶしの時計」を読んでいましたが、
やはりおもしろい。
1分ずつずれた時を刻む1,440個の時計から正しい時を刻む時計を一つ選
び出すという命題に”詭弁の無効化を織りこんだ一種のメタ解法”にて
推理を行い2つまで絞り込んでいく主人公の”きみ”(二人称です)。
そして最後は”ロジックの導き”!

「素人芸」
怪奇小説的な雰囲気を漂わせながらもミステリとしてのオチになります。

「盗まれた手紙」
暗号方式のひとつ、ディフィー-へルマン鍵交換に対するマン・イン・
ザ・ミドル攻撃の手順をミステリ仕立てにした、だそうですがこれまた
パズル小説の面白さを味わえます。ただ馴染みのない海外作品のパスティ
ーシュの体裁をとっているためちょっと出だしは馴染めませんでしたが
是非読み進めて下さい。

「猫の巡礼」
これはミステリではありませんでした。猫が巡礼する、という話で、ホ
ラー的展開をするかと思っていましたがそうはならずあっさりとした仕
上がりでした。でもなにか余韻を残る結構いい作品。
切り捨てる人と評価する人で分かれるようです。

他にも都筑道夫の退職刑事のパスティーシュ「四色問題」など多彩な作
品が収録されており楽しい一冊でした。

本作品集を読んだ後
法月綸太郎と有栖川有栖は”本格”の人なんだなあってあらためて思い
ました。

↓しらみつぶしに応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/2021-88815143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話