07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

天使の傷跡

『天使の傷跡』
西村京太郎
江戸川乱歩賞全集(6)天使の傷痕 殺人の棋譜 (講談社文庫)


武蔵野の雑木林でデート中の男女が殺人事件に遭遇した。瀕死の被害者は
「テン」とつぶやいて息をひきとった。意味不明の「テン」とは何を指す
のか。デート中、直接事件を目撃した田島は新聞記者らしい関心から周辺
を洗う。「テン」とは天使と分ったが、事件の背景には意外な事実が隠れ
ていた。

昭和40年、第11回江戸川乱歩賞受賞作です。
最近ずっと本格ミステリを問うかのようなミステリや叙述トリックものを
読んでいたのでこのようなオードドックスなスタイルの作品は久々かも。
トラベル・ミステリーで有名な方ですがそちらは読んだことがなく、それ
以前の作品は何作か読んでいますが優れたミステリ作家だと思います。

さて本作ですが犯人あてミステリでありますが、その後の犯行動機解明に
おいて社会派ミステリとしてのテーマが出てきます。
このテーマは重い内容であるものの真犯人の二人目の殺人は全く身勝手だ
し、それを裁判でなんとか軽くさせようと考える主人公のあり方など結構
問題です。そんな人が最終的に使命感溢れるかのような行動を起こすのは
登場人物にも言われているように所詮他人事のような気もしました。

ってこの他人事、というのも実はテーマに含まれているんだなあ。

真犯人が浮かび上がってくる過程など地味ながらやはり本格。
良かったです。

↓天使は応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1994-3aa1c36e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話