07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

武家屋敷の殺人


『武家屋敷の殺人』
小島正樹
武家屋敷の殺人 (講談社ノベルス)

探偵役は、若き弁護士とリバーカヤック仲間のフリーター。孤児院育ちの
美女が生家探しを弁護士に依頼に来て、手がかりは捨てられたときに残さ
れた日記くらいだと言う。具体的な地名はいっさい出てこない代わりに、
20年前の殺人と蘇るミイラの謎が書かれた日記をもとに調べ当てると、思
わぬ新たな殺人が起こる。最後のどんでん返しまで、目が離せないジェッ
トコースター新感覚ミステリー。


とのことですがジェットコースター新感覚ミステリーとはなんぞや。
実際は、幻想的な謎+合理的な解決、という極めて全うなスタイルの本格
作品でした。

冒頭は、だんだん病んでいく男の日記。病む要因となった不可思議な現象
について探偵役は実際に起ったことだと断言する。この部分の謎だけでも
ネタ的にはおもしろいところ、あっさりと終わらせてしまいます。

次はある人物の”爛れた過去”。物語の背景とその後の殺人事件の様子が
描かれます。そして提示される死体消失と移動。またまた不可思議な現象
がおこります。

さらには武家屋敷における、床下の氷室の消失、怪しげな人々の振る舞い
小説の構造的には、意味ありげな「断片」という章の配置。

そして終盤には新たに首なし死体。

二人いる探偵役による多重解決もあり、更にもう一回ひっくり返します。

面白かったです。

↓武家屋敷で応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1987-27d74f9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話