05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

Till We Have Faces ~ スティーヴ・ハケット

Till We Have Faces ~ スティーヴ・ハケット
ティル・ウイ・ハヴ・フェイセス(紙ジャケット仕様)
ティル・ウイ・ハヴ・フェイセス(紙ジャケット仕様)

毎度御馴染みジェネシスのギタリスト、スティーヴ・ハケットの1984年の
アルバムです。

主にブラジル録音されていたり、Rock, with elements of world music
(英語のWikipediaに書いてあった)だったりと一風変わった作品のよう
です。

重いリズムだったり、なんとなくブラジルっぽいけどなぜか暗い曲調だっ
たりと、ちょっととっつきにくいアルバムとの印象なのですが好きな曲が
あります。
それが3曲目 Let Me Count The Ways
ブルースです。スティーヴ・ハケットの歌声が渋い。
もちろんギターも泣いています。
スティーヴ・ハケットのイメージと異なるかな。
でもシンセ・ベースだったりと現代風ではあります。
(残念ながらYouTubeになかった。紹介できず無念)

A Doll That's Made in Japanなんて曲もありますが”誤解された日本”
って感じの中華風サウンドになっています。

The Rio Connectionはなかなかテクニカルなフュージョン系インスト。
これはいい。


顔を得るまで応援宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


とここまで書いてみたのですが自分で2012年11月にこのアルバムをとりあ
げ記事を書いていることに気付きました。
でも今回せっかく書いたんだからこのまま載せます!



関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

ジャケットはスティーヴ・ハケットらしい
淡い印象のデザインのままですが
音楽の方はファンタジー路線から
かなり思い切った方向のサウンドにいってますね。

ファンタジーで思い出しましたが
私も前のブログで「ファンタジー」というバンドの
記事をダブって取り上げてしまいました。
(2回目はお蔵入り)
記事の中身って、笑えるくらい同じ内容に
なるものですね(^^♪

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2015/12/05 10:48 * edit *

Re: タイトルなし

スティーヴ・ハケットの奥さんの書いた絵がジャケットによく使われていましたね。
その後のアルバムではまたプログレっぽく重くなったりとやはりいろいろ変遷があるようです

おなじ”アイテム”で記事を書くこと、そして似た内容になること
これはありますね。どうしても好きなポイントはそうは変わりませんし。

”ファンタジー”でしたらジャケットがまず有名ってところはやはり書いてしまうところですね!

URL | 面白半分 #-
2015/12/06 19:11 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1982-5690b24a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話