07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

隻眼の少女

『隻眼の少女』
麻耶雄嵩
隻眼の少女 (文春文庫)
隻眼の少女 (文春文庫)


山深き寒村で、大学生の種田静馬は、少女の首切り事件に巻き込まれる。
犯人と疑われた静馬を見事な推理で救ったのは、隻眼の少女探偵・御陵み
かげ。静馬はみかげとともに連続殺人事件を解決するが、18年後に再び惨
劇が…。日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞した、超絶
ミステリの決定版。


またまたとんでもないのを読んでしまいました。
日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞ダブル受賞という事で期待大。
そのせいか本作は賛否両論がうずまく問題作でもあるようです。

一般的な意味では多重解決モノになり論理的に解決案が提示されていき
ます。この部分では精緻な論理が展開されるのでまさに本格ミステリ。
殺人事件の様相は首なし死体がゴロゴロでてきますがその推理に関わる部
分はかなり地味です。
第一部はこんな形で完了しますが何しろ約半分しか頁は進んでおらず、第
二部になにか巧まれていると思うとますます地味に感じます。

さて第二部は18年後の後日譚になります。やはり首なし死体がゴロゴロで
てはきますが全うな論理による解決がありますがやはり地味。非常にオー
ソドックスなスタイルのミステリです。

意外な真犯人、意外な動機は出てきますが多重解決の延長上なので驚きや
カタルシスはあまり感じられませんでした。

これはこれで完成されていますがいってみれば普通の本格ミステリ。
なるほど推理作家協会賞受賞。だけど麻耶雄嵩だし。
と、ここまでが否定派の考えなのでは。

これを超えてミステリ論あたりまで踏み込んで読み解くと大絶賛の作品に
なるのかも。
残念ながらまだ私はそこまで読み解けませんでした。

ただし三大看板、
推理作家協会賞、本格ミステリ大賞、麻耶雄嵩を外せばやはり面白い作品
です。

↓普通に応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1974-da8e4a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話