05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

BG、あるいは死せるカイニス

『BG、あるいは死せるカイニス』
石持浅海
BG、あるいは死せるカイニス (創元推理文庫)
BG、あるいは死せるカイニス (創元推理文庫)


星降る夜、天文部の観測会に参加したはずの姉が何者かに殺害された。
男性化候補の筆頭で、誰からも慕われていた姉が、何故?
さらに期末試験が終わった日、姉の後継者と目されていた小百合までもが
被害に。
姉が遺した謎の言葉“BG”とは果たして何を意味するのか―。
全人類が生まれた時はすべて女性、のちに一部が男性に転換するという世
界を舞台にした学園ミステリの意欲作。



全人類が生まれた時はすべて女性、のちに一部が男性に転換する、この設
定が奇抜です。よってミステリとしてはこの世界ならではの論理、倫理が
犯人像と動機を決めるものになります。

生物学的(人間的に、ということではなく)に優れている女性が男性化す
る世界で、それゆえ男性は優遇される社会。表面的にはそうですが、その
結果別の側面も浮かび上がらせるなど後半に向けては謎解き以外でも読み
どころが出てきます。

事件解決後の終章はSF的展開でここでの読後感も良かったです。

↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1963-b6bbed7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話