05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

四畳半神話体系

『四畳半神話体系』
森見登美彦
四畳半神話大系 (角川文庫)
四畳半神話大系 (角川文庫)


私は冴えない大学3回生。バラ色のキャンパスライフを想像していたのに、
現実はほど遠い。悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には
無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれ
ない。いっそのこと、ぴかぴかの1回生に戻って大学生活をやり直したい!
さ迷い込んだ4つの並行世界で繰り広げられる、滅法おかしくて、ちょっ
ぴりほろ苦い青春ストーリー。


上記紹介文の”私は冴えない大学3回生”
まあそうなんですがどうもニュアンスが違うので各短編の冒頭モノローグ
を引用します。


大学三回生の春までの二年間、実益のあることなど何一つしていないこと
を断言しておこう。異性との健全な交際、学問への精進、肉体の鍛錬など、
社会的有為の人材となるための布石の数々をことごとくはずし、異性から
の孤立、学問の放棄、肉体の衰弱化などの打たんでも良い布石を狙い
澄まして打ちまくってきたのは、なにゆえであるか。

↑面白そうでしょう。

この私の生活を語ったのが本書『四畳半神話体系』なのであります。

第一話は映画サークル「みそぎ」へ入った私
第二話は「弟子求ム」のビラにより弟子になった私
第三話はソフトボールサークル「ほんわか」に入った私
最終話は秘密機関<福猫飯店>へ入った私

と4話ともどうやらいわゆる並行世界での話です。
そんなわけで登場人物は同じ、エピソードも同じのもあり、引用したモノ
ローグは各話で使われています。
このように同じ文章を繰り返すことの面白さもありつつ、異なるエピソー
ドも当然あり、それらがそれぞれの話に微妙に関わってきているあたり構
成の面白さも見逃せません。

まあそんなことはおいておいても、相変わらずのモリミー節は冴え渡って
いて読んでいてニヤリ、クスクスと笑いがこぼれます。

それにしても皆なんて生き生きとしているんでしょう。

私、悪友の小津、樋口さん、明石さん、皆いいキャラクターです。
こんなに楽しい学園生活、私も体験してみたかった。
そんな風に思わせる楽しくそしてほろ苦さも併せ持つ物語でした。

↓四畳半から応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1956-b36da287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話