05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

魔術師


『魔術師』
江戸川乱歩
魔術師 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
魔術師 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

1930年(昭和5年)に『講談倶楽部』にて掲載。
乱歩の通俗物といわれる長編推理小説です。

正統な評価はもはやしにくいでしょうがやはり乱歩の文体であり知らず知
らず引き込まれていきます。
明智小五郎もでてきますし後の文代夫人もでてきたり、推理よりもサスペ
ンス、冒険活劇的なところも多く、これはこのまま少年探偵団ものへ移行
出来そうです。(もしかするとリライトされているのかも)

とはいっても最初の事件はさらりとしていますが密室殺人。
途中読みながらこの密室は放っておかれるんじゃないかと危惧しましたが
ちゃんと意外な犯人(共犯者)とともに密室の謎も説明していました。

読んでいるようで読んでいなかった通俗物ですがすこしづつ読んでいきた
い。

↓魔術の如く応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1946-ab18c92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話