08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ビブリア古書堂の事件手帖 6

『ビブリア古書堂の事件手帖 6』
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)


太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。
ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。
違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。
署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。
本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。
四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。
それには二人の祖父母が関わっていたのだ。
過去と現在、まるで再現されるかのような奇妙な巡り合わせに、
薄気味悪さを感じる二人。それは偶然か必然か?
深い謎の先にある真実とは?


これは面白い。いままでの登場人物の関係性が徐々に現れてきており
当初から設定していたとすればこれは大河的なミステリ?

今回は太宰治ネタで引っ張りますが推理的な要素が強く特に太宰ファンで
なくとも楽しめます。

徐々に進展する二人の仲もいい雰囲気だし、栞子さんがカワイイ。

いよいよシリーズクライマックスに近づいているようです。
どうなるんだろう。


↓最後まで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1939-4e4e4539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話