06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

パンキーのジレンマ

毎度御馴染みサイモン&ガーファンクルの1968年「ブックエンド」
その収録曲がこのパンキーのジレンマ
ブックエンド

初めて聴いたときの開放感、爽快感は忘れられません。
どちらかというと暗いイメージのS&Gですがこれは違いますね。
メジャーセブンス全開のおしゃれな響き。いいなあ。

つぶやくようなポール・サイモンの歌い方もかわいらしい。

ケロッグのコーンフレークになりたい、
というヘンな歌詞もさえています

Casually glancing at his toupee
toupeeってかつらのことですがこんな単語も覚えてしまいました。



↓かつらを外して応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

初めて聴きました。
小粋でホットする曲ですね♪

2人でハモっている曲もイイですが
ポール・サイモンが1人で歌う曲が
けっこう好きです(^^♪

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2015/09/24 21:04 * edit *

Re: タイトルなし

るいちゃんぱぱさん
こんばんは

そうねんです。小粋でしょ。

私にとってのS&Gのイメージを覆すおしゃれサウンド。
改めて聴いていくとポール・サイモンって結構おしゃれな響きで弾いています。

本アルバムでいうと「オーバース」もそうです。
あっこの曲もS&Gというよりポール・サイモンのソロっぽいかんじです。

URL | 面白半分 #-
2015/09/25 22:48 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1936-d06d100a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話