09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

化石少女

『化石少女』
麻耶雄嵩
化石少女 (文芸書)
化石少女 (文芸書)

京都の名門学園に続発する凄惨な殺人事件。対するは、マンジュウガニ以
上といわれるすべすべ脳みそにして、化石オタクの変人女子高生。古生物
部の美形部長まりあが、一人きりの男子部員をお供に繰り出す、奇天烈推
理の数々!

まりあ先輩と(従僕状態)の彰くんのかけあいが面白く、ミステリでなく
そんなところに面白さを感じてしまいました。
(どうも私はこういう設定が好きなようです)

さてまず個人的見解から犯人を決めつけ、それにあわせ強引に推理を展開
していくまりあ先輩ですがこの推理は彰くんによって否定されたまま物語
は終了します。否定はするものの推理の検証や反証も行われず結局誰が犯
人だか決着がつかない、という状態で6話完了というすごいスタイルのミ
ステリでありました。

しかしエピローグの章が設定されています。

決着がつかないことに対しその答えが得られるであろうとの推測どうり、
このエピローグでいわゆるどんでん返しがおこりますが、6話目について
は更にひとひねりされています。

作品内だけでなくミステリというもの自体を遊んでいるようでもあり
なかなか読みきれないのですが面白い作家であると思ってます。

↓応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1926-57fda576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話