05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

三人の『馬』

『三人の『馬』』
山田正紀
↓私が持っているのは表紙違う旧版だけど
三人の『馬』 (祥伝社文庫)
三人の『馬』 (祥伝社文庫)


〈首都・東京を48時間で制圧する!〉深夜、正体不明の3人の男が、突如、
破壊活動を開始した。東京証券取引所、築地中央市場を擁し、新幹線を
含む交通大動脈の走る日本の経済・情報・生活の心臓部―中央区を、彼
らは集中的に攻撃し始めたのである。いったい彼らの目的は何なのか?
その正体は?苦悩する政府・警察首脳。そして自衛隊の治安出動―戒厳令
を布く刻が迫りつつあった……。


文庫にはポリティカル・アクションなる文字があり実はアクションもの
じゃ期待できんな、と思っていました。
やたらと殺戮と破壊が描かれているだけじゃなあ。

ところがそういった場面は少なく、警察、自衛隊、政府の攻防や関係性
を主に扱っており実に面白かった。警察で指揮をとる警視庁警備部課長
に感情移入してしまったりと物語に浮かぶ各人間像も面白いです。

まあポリティフィカル・アクションなんて分類は知らなかったのですが
相互リンクさせていただいているポール・ブリッツさんによれば
ポリティフィカル・アクションとは
”現実の世界・社会情勢をもとにして、現代もしくは近未来における政
治状況をリアルにシミュレートして書かれた政治小説や冒険小説の総称”
だそうで、なるほどそういった事なら合点でありました。

本書はもともと『虚栄の都市』という題名だったのを文庫化の際
この『三人の『馬』』に変えたようですがなぜ変えてしまったんでしょう。
つまらないタイトルです。
山田正紀さんも元にもどしたいとつぶやいています。
ちなみにこの三人とは正体不明のゲリラのことなんでしょうが
小説オープニングでは4人と書かれています。ますます不思議。

↓三人で応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

ポリティカル・フィクションです(^^;)

ポリティカル・アクションと書かれていたら、それはポリティカル・フィクションからのさらなるもじりでしょう。

わたしがいうことでもないですが、それだけポリティカル・フィクションという略語は脆弱だったんでしょうね。

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2015/08/25 01:14 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
そうです フィクションでした。すみません。
PFって略語でかかれてたくらいですから・・・

まあアクションだったとしても根付いていなかったことにはかわりありませんね。

URL | 面白半分 #-
2015/08/25 15:35 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1918-53ca950a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話