09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

進化の設計者

『進化の設計者』林譲治
進化の設計者 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
進化の設計者 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)



先進国がユビキタス社会を実現した2036年、世界中で異常気象が頻発して
いた。横浜の海洋開発研究機構(JAMTECS)の吉野尚美は、気象予測シミュ
レーションが大型台風の進路予測を大きく誤った原因の究明に追われてい
た。阪神北市では福祉事業を妨害する団体を調査中のジャーナリストが失
踪、高齢福祉課の日向拓海が警察と合同調査を進めることとなる。この頃、
日本主導の巨大人工島建設計画が進行中のスマトラ沖で、原人化石の発掘
作業を進める古生物学者が行方不明となった。JAMTECSの山城星良は、事
件の背後に潜む優生学的思想を持つ集団“ユーレカ”の影を追う。3つの
事件を繋ぐ謎が明らかになるとき、生命観の問い直しを迫る驚愕の真実が
顕現する―次なる進化の階梯を予兆する書き下ろし長篇。


面白い!
こんな本を5年間位積読してました。あと21年放置していたらこの物語の
2036年になるところでした。
横浜海洋開発研究機構、阪神北市の福祉保険部、スマトラ沖の人口島を舞
台にこの3つのパートが平行に語られていきます。
それぞれのパートに山場があり登場人物もそれぞれ交差するようになって
いてどうにもこうにも面白い。
いつもながら上手く説明できないのでもどかしいのですが
・わからないなりにハードSFとしてのはったりが効いている
・2つのパートにでてくるキャリアウーマン達がかっこよすぎ
ってところがよかったです。


↓進化して応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

本の帯には
”人類は、神によってデザインされたのか”
と魅力的な惹句があったのですがそういった内容ではなかったかも。

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1913-c8703a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話