09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

爆発的

『爆発的』鳥飼否宇
爆発的―七つの箱の死 (双葉文庫)
爆発的―七つの箱の死 (双葉文庫)

綾鹿市の大物実業家・日暮百人は、引退生活を送るにあたり、奇妙な私設
美術館を建てさせた。館内に気鋭の現代芸術家六人がそれぞれのアトリエ
を構え、その美術館に展示する作品を創作する。日暮と、その友人であり
美術評論家の樒木侃だけが作品を鑑賞できるのだ。しかし、最先端をいく
あまり、狂気すら漂わす彼らの芸術に触発されたのか、美術館では、奇想
天外な殺人が次々と起こる。


という連作短編集ですがともかく人を喰った作品であることは間違いあり
ません。ここで”人を喰った”はその文字どうりの内容も想起させられる
作品もあります。
ちなみに各短篇のタイトルはロックの題名を引用しているようです。
(私はそれで購入)
「黒くぬれ!」
「青い影」
「グレイとピンクの地」
「紅王の宮殿」


内容はどっちかというとスカッとしないまま収束してしまった感がありま
した。

↓爆発的に応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1902-1213f5eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話