05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

妻に捧げる犯罪/盲目の鴉

『妻に捧げる犯罪/盲目の鴉』(土屋隆夫)
妻に捧げる犯罪・盲目の鴉―土屋隆夫推理小説集成〈4〉 (創元推理文庫)
妻に捧げる犯罪・盲目の鴉―土屋隆夫推理小説集成〈4〉 (創元推理文庫)

「妻に捧げる犯罪」

交通事故で男としての機能を失った女子短大の助教授。
妻は、そんな「わたし」を裏切り、密通の末に愛人と死んでしまった。
やり場のない気持ちから習癖になったイタズラ電話が、ある夜、殺人現場
へと繋がる。わずかな女の声の応答だけから、「わたし」は事件の全容を
推理していくのだが…。犯人も被害者も犯行現場も不明!本格・謎解きの
醍醐味。

ということで
アヤシイ雰囲気満載の序盤、
遭遇した事件を推理していく本格謎解きの中盤、
さらなる事件に巻き込まれサスペンス的な雰囲気の後半、
さらには破滅的な結果を迎えるラスト。
と、なかなか飽きさせない構成で著者自ら本作を”異色”としています。

これは面白かった。
土屋隆夫のイメージは”固い”ですが妙ないやらしさも感じる作品です。

以前の土屋作品を紹介の際、真犯人がまたしても最後に自殺した、なんて
記事を書きましたが本作でもやはり自殺してます。やっぱりな。

「盲目の鴉」

評論家・真木英介が小諸駅頭から姿を消した。数日後、千曲川河畔で真木
の小指の入った背広と“鴉”の文字が見える紙片が発見された。一方、世
田谷の喫茶店では、劇作家志望の水戸大助が「白い鴉」と言い遺して死ん
だ。何者かに毒殺されたのだ。二つの事件の間を飛び交う「鴉」に繋がり
はあるのか?千草検事の推理が真相を抉る傑作文芸ミステリー。

千草検事がでてくる正当派ミステリーです。
二つの事件の接点、真犯人探し、アリバイ崩しと全くもって手堅い構成で
実は私は結構好きです。トリックとか動機には無理があるような気がする
部分はありますがそこはあまり気にせずに読み進めました。

ちなみに本作では真犯人は最後は交通事故に巻き込まれ死亡。
幇助者は自殺と相変わらずの展開です

なんかすごいぞ、土屋隆夫。

巻末の麻耶雄高による土屋隆夫論「間断なき対決」もすばらしい。
本格ミステリとしての技巧やその姿勢について技術的な部分に踏み込んだ
評論になっています。
土屋ミステリの特徴として謎はまとめないで、一点提出したら一点解決し
てまた次の謎を提出するとありました。謎をまとめれば提出すればより複
雑になって最後の解決時に衝撃度が高まりますがその方法はとらなかった
ようです。なるほど構成が地味になるわけがわかりました。

↓地味に応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1901-9e43d1c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話