05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

In My Life

In My Life

1965年の『ラバー・ソウル』収録曲です。
なんて素敵な歌なんでしょう。
まず詞が良い。

思い出す場所がある。
あるところは変わってしまって、またあるところは変わらない。

なんかこれだけでしみじみきますね。

そしてメロディ。
詞の音がきれいに乗っていく素直なメロディであり、
メジャーともマイナーともつかないが感傷的で味わい深いラインです。

ジョンも素直に歌っていますね。

これだけのクオリティでシングルカットなし。
でも知名度はありそう、という事で”隠れた”名曲でなく名曲です。

さてヴォーカルがジョンなので当然ジョンの作品かと思いきや
ある時期ポール作って話がでてきて驚いたものですがどうなんでしょう。
ポール自身は(メロディは)自分で作ったっていってるらしい。

確かにこの傑作メロディはポールならではとも思えますが、
時折おそろしくポップセンスを爆発させるジョンの作品とも思える。

まあ結局は天才二人でなんとなく出来上がった曲ってところなんでしょう。

ジョンvsポールなんていう図式を作らず楽しみましょう。
こんな曲を知ることが出来て聴くことができる幸せ。


↓人生の応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 6
go page top

コメント

ポールによる〝この曲作った〟発言の話を聞いて
私も驚いてしまいました。
ポールが作曲に関わったのは
All these places have their moments
の部分かなと思っていましたので。

この曲を聴くと行ったことすらない
リバプールの街を自分の故郷のように
感じてしまいます。

私も、この曲を知ることが出来て
聴くことが出来て幸せです(^^♪

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2015/06/27 13:30 * edit *

原曲はそのままに

名曲ですよねえ。
素直に心と体に沁み入りますな。
私はポール作品っぽい印象を持ってましたが、
結局は共作ということですかね。

歌もイイがチェンバロのソロがまたいい。
ジョージ・マーティンが弾いてるんでしたっけか。
ピアノを使わないってところにも非凡さを感じます。

さすがにこの曲はバンドでやろうととは思わん
かったですなあ。ラウドになって、原曲の味を
著しくスポイルしまいそうですし…。

URL | ふじつぼだんき #LWshcgts
2015/06/27 20:15 * edit *

困った男

40数年ビートルズを聴いてきて、どう逆立ちして聴いても
ジョン特有のエスプリが利いた極上ポップソングなんですけどね。

異を唱える奴らがいなくなったのをいいことに

「実は俺が一人で作った…!」

ホントに困った男です…ジェームス君は!

URL | pipco1980 #-
2015/06/27 20:54 * edit *

Re: タイトルなし

るいちゃんぱぱさん
こんにちは

ジョンも一部はポールが作ったっていってるようなのでするとその部分は
All these places have their moments っぽいですよね。
わたしもまずはここかなって思ってました。

いずれにせよ郷愁感あふれる名曲に間違いは無いんですよね。
英国フォークっぽい響きもありホントにステキな歌です

URL | 面白半分 #-
2015/06/28 14:38 * edit *

Re: 原曲はそのままに

ふじつぼだんきさん
こんにちは

ジョージ・マーティンのこの部分もキモになっていますね。
”味わい”の曲にテクニカルなパートをいれる、クセものたちですね。
イントロもすっとぼけてるといえばすっとぼけてる。多彩な魅力を持ってます。

原曲はそのままに・・・・味わいは再現難しそうですよね

URL | 面白半分 #-
2015/06/28 14:44 * edit *

Re: 困った男

ここあたりからジョンの傾向がポップでないほうに向いて行ってしまったのもありますよね。

実際のところはわかりませんが 二人でなんとなく作った・・てところに落としたい気持ちです。


URL | 面白半分 #-
2015/06/28 14:49 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1878-5e52a7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話