09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

星読島に星は流れた

星読島に星は流れた (ミステリ・フロンティア)
星読島に星は流れた (ミステリ・フロンティア)

『星読島に星は流れた』久住四季

天文学者サラ・ディライト・ローウェル博士は、自分の住む孤島で毎年、
天体観測の集いを開いていた。ネット上の天文フォーラムで参加者を募り、
招待される客は毎年、ほぼ異なる顔ぶれになるという。それほど天文には
興味はないものの、家庭訪問医の加藤盤も参加の申し込みをしたところ、
凄まじい倍率をくぐり抜け招待客のひとりとなる。この天体観測の集いへ
の応募が毎回凄まじい倍率になるのには、ある理由があった。孤島に上陸
した招待客たちのあいだに静かな緊張が走るなか、滞在三日目、ひとりが
死体となって海に浮かぶ。犯人は、この六人のなかにいる―。


ということで正当派本格ミステリの作品です。
殺人事件については無理やり”謎”仕立てにしているようで、解決に至
っても最初からそれほど謎でないものを謎解きしているのであまり面白
みはありませんでした。

しかし最終章に至り、後日談的に語られるストーリーを持ってしてよう
やく本書の読みどころといえるものが出て来ます。
これも派手にどんでん返しをくらわすわけでもないのですが、いろいろ
舞台設定が納得できるのと読後感の良いエンディングにもなっています。

↓星が流れたら応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1875-68da5b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話