05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

死と砂時計

死と砂時計

死と砂時計 (創元クライム・クラブ)



世界各国から集められた死刑囚を収容する、ジャリーミスタン終末監獄。
親殺しの罪で収監されたアラン青年は、“監獄の牢名主”と呼ばれる老人
シュルツと出会う。明晰な頭脳を持つシュルツの助手となって、監獄内の
事件の捜査に携わるアラン。死刑執行前夜、なぜ囚人は密室状態の独房で
斬殺されたのか?どうして囚人は闇夜ではなく、人目につく満月の夜に脱
獄したのか?そして、アランが罪に問われた殺人事件の真相とは…。
死刑囚の青年と老人が遭遇する、摩訶不思議な事件の数々。終末監獄を舞
台に奇想と逆説が横溢する、著者渾身の本格ミステリ。


という事で終末監獄を舞台にした連作短篇本格ミステリとなっています。

探偵役に”監獄の牢名主”と呼ばれる老人シュルツ、
語り手として、親殺しの罪で収監されたアラン青年を配します。

各短篇がこの師弟コンビによる本格謎解きになっており、これはこれで
まずは楽しい。あわやバカミスでスゴイ評価をうけるかもっていうネタ
も仕込まれてありいい雰囲気。

そして最終章で語られるアランの事件の真相。
死刑が執行されることになったアランが過去を語るのですがここが読み
どころになります。
事件そのものは物悲しいエピソードなだけなのですが、ここからもう一つ
の真相究明のストーリーがはじまります。
ここから先は、まあありがちともいえなくも無い展開が待ちうけ
ここまで読んできてこの師弟コンビに感情移入してしまったものにとって
ちょっと感動的な締めで終わります。
・・・と、終わった後のエピローグ。
ある登場人物の異様さが浮き上がってきました。

おおぉ。そうなのか。

↓応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

こんな後味の悪さも含め物凄く面白い作品でした。

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1861-dbf8d4ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話