09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

Reduction ~ ピーター・バンクス

Reduction
Reduction

1997年発表。
イエスの初代ギタリストピーター・バンクスのソロ作です。
90年代に入って
Instinct(1994年)
Self-Contained(1995年)ときて本作Reductionが発表されました。

サウンドは実は同じ。
打ち込みのバック+サウンド・エフェクト+ギターとなっています。

イエスのアルバムではぜんぜん目立っていなかったバンクスですが
イエス脱退後の自身のバンド、フラッシュでの勢い(だけ?)のある
演奏はピーター・バンクスならでは、といったとこです。
(フラッシュは良いですよ!)

さて90年代のアルバムでは
勢い(or暴走気味)が減ったものの明らかに演奏としては洗練されて
テクニカルになっています。
音はプログレというよりフュージョン系。
でも、夏、爽やか、リゾート、癒し、といった内容ではありません。
ちょっと気味悪いような音使いはさすがというべきか。

そんな3部作の中でも本作はよりテクニカルな演奏であり
ホントにピーター・バンクスが弾いてるの?と思うくらいの出来です。

その分、個性が感じられなくなってどっちつかずになってしまっている
のかもしれませんが。

↓勢いだけで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 4
go page top

コメント

中学生の頃、サッカー、イングランド代表GKで主将の
ゴードン・バンクスっていう選手が好きだったので、
Yesのギター??名手ゴードンバンクスね??あれ??
そんな程度の付き合いでしたよ。ほどなく脱退して今度は
スティーブ・ハウ…コチラは間違えませんでしたから…。

ジェネシスに居たアンソニーフィリップスってのも、
なんだかインパクトの薄い名前でしたねえ…。

URL | pipco1980 #-
2015/05/29 12:50 * edit *

Re: タイトルなし

pipco1980さん
こんばんは

ピーター・バンクスはそういった扱いなんでしょうね。
でも私は何故か好きなんです。

でもいっときジェネシスのトニー・バンクスとは混同していました。

アンソニー・フィリップスもスティーヴ・ハケットの陰に隠れてしまっているんでしょうか。
ハケット自体も知名度ではイマイチ地味かもしれないですね。

URL | 面白半分 #-
2015/05/30 03:40 * edit *

どんなサウンドなんだろうとYoutubeで探してみましたが
全て削除されていましたw。
しかたなく1st(2人片組みジャケ)を聴いてみましたが、
これがまた素晴らしいではないですか!!
本作は1stとは
かなり趣が異なるんでしょうね(^_^)

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2015/05/31 18:50 * edit *

Re: タイトルなし

るいちゃんぱぱさん
こんばんは。
レスおくれてしまいすみません。

わざわざ検索していただきすみません。
なぜか削除なんですよね。
サウンドとしては InstinctやSelf-Containedとまったく同じ音ですので
そちらは残っていたかな?

2人肩くみジャケのほうは私も持ってはいないのでYoutubeで聴きましたが
なかなかのサウンドですよね。
但しご紹介した盤はこれらよりもテクニカルだが勢いは無くなったってところでしょうか。

そんなわけでやはりフラッシュがオススメです。



URL | 面白半分 #-
2015/06/03 23:52 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1855-97ad48f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話