05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

Run for the Roses ~ ジェリー・ガルシア

Run for the RosesRun for the Roses
(2005/04/12)
Jerry Garcia

商品詳細を見る

Run for the Roses ~ ジェリー・ガルシア

1982年発表。
毎度御馴染みグレイトフル・デッドのジェリー・ガルシアです。
デッドはともかくソロ作までは把握していないので
本作がどのような評価を受けているかは知らないのですが、
私としてはのんびりとした雰囲気がここちよいアルバムです。
ジャケットはなにやら意味ありげでアヤシゲですが
中身はオーソドックスなブルース/ロック路線です。
控えめなギターとそれに絡むオルガンもグッド。

ジェリー・ガルシアについてはなにしろ声が好きなんです。
悲しげな曲ではほんとうにそのような声だし
軽快な曲での軽やかなヴォーカルは本当にステキです。
ギタリストとしての評価は確立していると思われますが
このヴォーカルも味わい深い。

本作ではビートルズのI Saw Her Standing Thereや
ディランの天国への扉のカバーもあります。

↓タイトル曲です。Run for the Roses


↓軽快に応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

ところでウィキペディアにはジェリー・ガルシア単独ではないんですね。
ちょっとおどろきです。

関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

毎度です

友人に「俺は金輪際、ザッパとデッド以外は死んでも聴かないぞ!」
と豪語した奴がいましたが、その後アイツはどうなったのやら…。

ガルシアのソロやデュエットなんかとっても多いですけど、
デッド諸作品の完成度に較べると、そこはちょっとリラックスしすぎ、
緊張感&集中力なし、或いは「キメ過ぎ(煙...」な気がしますね。

ソロ名義だと、やたら力んで頑張るヒトが多いですけど、
この方は途端に空気が抜けて弛緩しきるみたいですね。
それが彼らしいと言えば、それもまた真ですけど...。

URL | pipco1980 #-
2015/04/13 18:48 * edit *

Re: 毎度です

pipco1980 さん
こんばんは

わはは、リラックスしすぎなんですね。
でも本作、このゆるみ具合もまた良しって感じです。

あまり彼のギターも目立ってないところもゆるみの要因かもしれませんね。

煙...なのかなあ?

URL | 面白半分 #-
2015/04/13 22:31 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1812-c30ac3a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話