07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

恐怖の谷

恐怖の谷 シャーロック・ホームズ恐怖の谷 シャーロック・ホームズ
(2012/10/25)
アーサー・コナン・ドイル

商品詳細を見る

『恐怖の谷』

毎度御馴染みシャーロック・ホームズの最後の長編。

私はてっきり本作が
宿敵モリアーティ教授と滝壺へ落ちるヤツだと思ってました。
(実は結構ホームズモノを読んでいないんです)

本作は最後は最後でも”最後の長編”。
終盤近くなってもそれらしい舞台へ行かないのでどうなるんかと
思ってしまいました。

件の”滝壺”は短篇「最後の事件」でした。
さらにわかりずらいのが
「最後の事件」は『回想のシャーロック・ホームズ』に収録されており、
その後に『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』という
いかにも最後っぽい短編集もでています。
さらにこの後には『シャーロック・ホームズの事件簿』も出ています。

さて、ミステリ用語で、とあるトリックのことを
”バールストン・ギャンビット”と呼んでいますが
これは本作『恐怖の谷』の事件が
バールストン(という場所)のバールストン荘で起ったことに由来します。
こんなところにもホームズ譚の影響があるんですね。

といったところで本作ですが長編ではおなじみの2部構成。
第1部はいかにもミステリ的で面白く
さらにはこの事件の背景でもある過去を描く第2部がまた面白い。

ホームズの長編は4編ありますが知名度は一番低いかもしれませんが
なかなかどうしてこれは面白かったです。

ちなみに長編は
『緋色の研究』
『四人の署名』
『バスカヴィル家の犬』
『恐怖の谷』
とりあえず長編は読破したのであとは短篇を押さえたい。

↓とりあえず応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

ご無沙汰してます

この作品はわたしも大好きです。

もうドイル先生もネタ切れ起こしていたんじゃないかと思ったら、「バスカヴィル家の犬」並みに面白かった。

「四つの署名」とどっちが面白いかで友人と議論したなあ。

もっと読まれてもいい長編だと思います(^^)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2015/03/27 21:39 * edit *

Re: ご無沙汰してます

ポール・ブリッツさん
こんばんは

これは私はもしかすると一番推しかもって思いました。
二部構成の二部目が思いのほか良かったです。

ホームズものってキャラクターは知っていても
意外と読まれていないかもしれませんね。

ちゃんと物語としておもしろいので
確かに読まれていいですよね

URL | 面白半分 #-
2015/03/28 18:37 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1782-34bb384a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話