07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

絆 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)絆 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)
(2003/06)
小杉 健治

商品詳細を見る

『絆』

毎度御馴染み日本推理作家協会賞受賞作全集です。

作者の小杉さんについては何かのアンソロジーで
短編を読んだことがあったかもしれませんが長編は初めてです。


夫殺しの罪で起訴された弓丘奈緒子は、事実関係を全面的に認めた。
だが、弁護人の原島は無実を頑強に主張する。
若い頃の奈緒子を知る法廷記者にも、それは無謀な主張に思えた。
証言と証拠から着実に犯行を裏付けていく検察官。
孤立無援の原島弁護士は、封印された過去に迫る。



法廷記者の”私”の視点で物語は進みます。

法廷モノ推理小説ですが、
検察側と弁護士の激しい応酬で話を盛り上げることも無く
淡々と進行します。
中盤からの被告人の過去をあえてさらして
真実を追究していくシーンあたりからは迫力さも増してきます。

”私”の思い出や現在の状況がドラマに絡んでくるなど
構成的にも面白いものがあり大変素晴らしい作品でした。

タイトルは”絆”
深い物語でした。

過去に3回もテレビドラマ化されていてようです。
それらは見ていませんが
安直な出来になっていなかったことを願うのみです。

↓安直に応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1753-fe87c033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話