09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

風街ろまん

風街ろまん風街ろまん
(2009/02/18)
はっぴいえんど

商品詳細を見る

年末にNHK BSで 名盤の出来るまで、的な特番があり
はっぴいえんどの『風街ろまん』が取り上げられました。

細野、松本、鈴木さんが一同に会し思い出を語り合っていました。
なんでも『風街ろまん』のマルチトラック(8ch)が見つかったそうで
それを聴くメンバーの姿が映し出されていました。

8トラック中、ギターとドラムのパートだけ抜き出したり
ヴォーカルとコーラスを抜き出したりとなかなか興味深い番組でした。

当然サウンドについても触れる一方、
松本さんの詞の世界にも触れていました。

御馴染みのところで「はいからはくち」は、
”ハイカラ白痴”と”肺から吐く血”のダブル・ミーニング

「風をあつめて」の原曲「手紙」は結局ボツになったが
”風をあつめて”というフレーズは捨てられなかった。

「花いちもんめ」
”右手の煙突は黄色い煙をはき、左手の煙突は赤い煙をはく”は
対立しだした大瀧さんと細野さんの関係であるとか。
どうりで”みんな妙におこりっぽいみたい”なんですね。
これを鈴木さんが曲を付けて歌ったのも納得ですなあ。
ちなみに曲は作ったもののコーラス・アレンジに詰まった鈴木さんは
大瀧さんにコーラスを付けて貰ったそうですが
なんと1,2,3番でコーラスが異なっていた!
気づきませんでした。

さて「風をあつめて」ですが
原曲「手紙」で煮詰まっていた細野さんは
レコーディング当日まで曲が完成せず、当日になって曲はようやく完成。
指示が出来ないので大瀧さんと鈴木さんはスタジオには呼ばず
ただドラムだけはいずれにせよ必要という事で
ドラム以外は細野さんというレコーディングになったようです。
とすると、あの印象的なギターやオルガンもその場で作ったんでしょうか。
天才の仕事ですね。
松本さんのドラムも歌に寄り添うようで心地よいです。

しかし良い番組でした。
再放送お願いします。

↓風をあつめながら応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

↓松本さんのこの時代の詞が詰め込まれた「風のくわるてつと」
風のくわるてつと (角川文庫)風のくわるてつと (角川文庫)
(2001/05)
松本 隆

商品詳細を見る
関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

風街ろまん

英語も日本語も、そもそも日本のロック自体がまだまだ
「ちょっとイカガワしいアマチュア/コピーバンド!」って
時代の空気感が決定的に欠落してましたね。

「はっぴいえんど」は当時明らかに「フォーク」の
フィールドでしたし、まあ頑張っても「フォークロック」
そんなとこでしたよ。
むしろキャラメルママ=ユーミンやCMソングのナイヤガラ!の
時代になって「はっぴいえんど再評価」ってのが実際のとこですね。

大瀧サンを回想をするときのメンバーの、なんとなく細野さんに
気を使うような、そんな緊張感に満ちた表情が、
妙に印象的な番組でした。



URL | pipco1980 #-
2015/01/05 19:16 * edit *

Re: 風街ろまん

pipco1980 さん
こんばんは

pipco1980 さんも見られたんですね。

私は更にに時代が下り YMOとロンバケの時代に
FMではっぴいえんどの特集がありそれを聴いたのがのめりこむきっかけです。
録音していたので繰り返し聞いていましたよ

そこからは時系列的に二人のソロに入っていきましたが
CDの再発がされていなくてかなり飢えていた状態でした。

当事あまり評価されていない時代を知っていらっしゃるというのも
私からすれば凄い事です

URL | 面白半分 #-
2015/01/06 22:13 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1729-45602b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話