09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

渋谷一夜物語

渋谷一夜物語 (集英社文庫)渋谷一夜物語 (集英社文庫)
(2005/10/20)
山田 正紀

商品詳細を見る

『渋谷一夜物語』


作家の「おれ」は深夜の渋谷の街を走っていた。作品のみならず人格まで
も否定した憎き評論家を殺すために。ところが、アリバイ工作の最中にオ
ヤジ狩りにつかまってしまった。解放してもらうためには、彼らを満足さ
せるおもしろい話をしなければならない。窮地に追い込まれた「おれ」は
ありったけの才能を絞り出し、語りはじめた…。


という内容で、渋谷一夜物語と書いて”シブヤンナイト” と読ませるあ
たり全く内容は期待していませんでした。前半数編はよくある(という訳
ではないが)犯罪譚でまあ悪くはないなあ、などと生意気にも思いながら
読み勧めていました。
ところが「環状死号線」から怪奇、幻想の風味がでてきてあとは一篇一篇
何が出てくるのかと期待しながら読むようになりました。
山田正紀は長編しか読んだことがなく短編作家のイメージは全くなかった
のですがやはり短編でも傑作を書かれていたんですね。
さて本書は”シブヤンナイト”という枠の中で「おれ」が語る物語、とい
うに枠構造になっていますが、これは本書としてまとめるにあたり設定し
たようで、元々は単発の作品群のようです。そんなわけで”シブヤンナイ
ト”としての物語自体はとってつけたもののようで特に面白いものではあ
りませんでした。でもここの作品は素晴らしい。
オススメは
「環状死号線」
「明日どこかで」
「わがデビューの頃」
「天使の暴走」
「屍?」
「さなぎ」あたりです。

↓渋谷で応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

まさか

渋谷陽一物語に見えて、来てしまった私

URL | nr #3UvckuO.
2014/10/27 23:25 * edit *

Re: まさか

nrさん
こんばんは

わはは!
それじゃ サウンドストリートです!!


URL | 面白半分 #-
2014/10/27 23:38 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1688-146f86d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話